Home > Why Seoul > Why Seoul



外国の投資企業がソウルを選ぶ理由


ソウルの競争力と可能性

地の利
世界人口の4分の1を占める
東北アジア市場と隣接

飛行時間3時間以内の距離にある
人口500万人以上の大都市約30カ国が
位置
ビジネスのための都市
世界最高のデジタル都市であり
多数のアーリーアダプターを保有

世界初の‘デジタル市民市長室’を稼働し
ソウル市の全てのサービスを統合的に
提供
R&Dの中心地
全ての研究施設の¼を占める
約22,000軒が位置
韓国の全ての研究人材の24.7%が
ソウルに居住
マゴク、ヤンジェなど
R&D特化クラスターを保有
最高の空港
ソウルにとても近い仁川国際空港は
12年の間、毎年最高の空港として
選ばれる
(ソース:国際空港協会サービス品質賞)

2018スカイトラックスワールド・エアポート・アワード
最優秀貨物空港2位にランクイン
高い水準の
自由市場経済
世界最大の貧困国から
経済大国へと跳躍した韓国

その中心にあるソウル、
世界的なメトロポリスへと変化
自由で開けた社会
代表的な民主社会であり
2017エコノミストインテリジェンスユニットにより
完全な民主主義国家(都市)として評価
外国人親和都市
ソウル市全ての案内標識は
韓国語、英語、中国語、日本語で
表記され
外国人の利便性を図る
グローバルブランドの
第二の故郷
サムスン、LGなど
グローバルブランドと
世界的な技術を保有した企業が
多数入居
未来に
投資する都市
4次産業を
越えた革新都市に向けて
スマート工場、スマート都市
サービスなど
最新技術を実験中
利便性及び透明性
世界最高の
電子政府都市の一つであり
ビザ発行など各種手続きの
利便性や透明性を図る