Home > Industries



ソウル市 主要 産業 クラスター

G-valley

 (韓国語ホームページへ移動)



G-valleyはベンチャー、IT、知識産業など、先端事業のための韓国のシリコンバレーです。60年代主要輸出産業であった繊維や衣類産業の拠点地で始まり最近では大企業の研究所及び、ベンチャーたちが集まった高付加価値先端産業と知識情報産業の本拠地として歩んでいます。

- 位置:九老区九老洞、衿川区加山洞
- 規模:1,925,000m2
- 分類
‧ 1団地:ソフトウェア(SW)、情報通信(IT)産業(知識産業センターに転換完了)
‧ 2団地:衣類製造業
‧ 3団地:IT、製造業

マゴク R&D 産業団地


(英文ホームページへ移動)



IT,BT,NTなど新成長エンジン産業と住居空間が共存する、環境に優しい先端クラスターです。また、国際的なビジネス団地としてコンベンションと展示会場などを造成し外国投資家からの脚光を浴びています。

- 位置:江西区マゴク洞、カヤン洞
- 規模:3,665,722m2
- 機能
‧ マゴク産業団地入居要件:R&Dへ空間50%以上使用
‧ 理想的なR&D環境のためソウル市最大の植物園、セントラルパーク、MICE施設、住宅地も建設
‧ LG、KOLONなど、大企業の研究団地として使用

DMC(Digital Media City)


(英文ホームページへ移動)



文化コンテンツの開発、製作、配給のため造成された先端デジタルミディアエンターテイメント(M&E)クラスターです。優秀なIT技術と人的資源、そして韓流ブームの震源である文化エンターテイメントを結合し新たな未来の付加価値を生産しています。

- 位置:麻浦区上岩洞
- 規模:569,925m2
- 機能
‧ 超高速ネットワーク、VR/ARセンター、5Gテストベッドなど,最先端の環境を提供
‧ 産学連携の合同研究とネットワーキングの拡大を支援
‧ 外国投資企業を対象にお手頃なオフィススペースを提供

ホンルンバイオハブ



4次産業革命時代を主導するバイオ産業クラスターです。ソウル市のバイオ・医療創業の活性化をリードするソウルバイオハブを中心に周辺の大学、研究機関、病院の多くはバイオ技術革新の役割を果たしています。

- 位置:前韓国農村経済研究院の敷地(東大門区フェギ路)
- 規模:21,937m2
- 機能
‧ バイオスタートアップ対象の事務室空間と研究施設設備を提供
‧ R&D及び外国人投資誘致の支援
‧ 産業-大学-機関協力を通した技術の商用化を支援

ヤンジェ R&D キャンパス


(韓国語ホームページへ移動)



人工知能(AI)とビッグデータに特化したR&Dクラスターです。ソウル市と京畿道を繋げる交通機関のハブのメリットを積極的に活用し、周辺の研究機関とのコラボレーションでAI、ビッグデータの活動が活発になっています。
- 位置:前ヤンゴク卸売市場の敷地(瑞草区ヤンジェ洞)
- 規模:32,095m2
- 施設
‧ 事業施設 :
① 先端産業企業と研究所の為の事務室空間 : アメニティ施設、ビジネスサービス、ネットワーキング行事用
② スタートアップインキュベーターセンター : ビジネススキル教育法律及び経済的な支援を提供
‧ 企業支援施設 :
① 展示及びコンベンション施設 : 市民対象、研究結果の共有機会を提供
② 教育センター : 先端産業分野の修・博士プログラム提供
③ 長期滞在の為の住居空間 : 国際会議、海外参加者のための宿泊所
‧ 文化及びレジャー : レストラン、ショッピング、劇場など